人気ブログランキング |

富山市の整体・カイロプラクティック院『快癒館』のブログ

kaiyukan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:季節( 12 )

雪かきの準備体操

整体・カイロプラクティック院『快癒館』院長の藤岡です。

毎日、雪が積もり除雪も大変ですよね。
快癒館にも除雪で腰を傷めたという方が多く来院されます。

私は、富山に来てから10数年除雪をしていますが、
それによって腰を傷めたことはありません。

除雪の前と後に必ずストレッチをしているからです。
時間にして、ほんの数分です。

簡単な体操の動画をYou Tubeにアップロードしましたので、ぜひお試し下さい。

 → 動画を見るにはココをクリック



快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2012-02-02 07:17 | 季節
上田哲(うえだ あきら)君のフォトカレンダーが発売されました。
快癒館でも、販売しています。
 
 テレビで見られた方も多いと思いますが、上田哲君は、身体に障害がありますが、15歳で電動車椅子に乗り始め、比較的自由な行動が可能になると、一人で富山市内を出歩き、自分の世界を少しずつ広げていったそうです。
 16歳でデジタルカメラに出会い、写真に興味を持ったのですが、身体にハンディキャップを持つ哲君は、手が不自由だったため、手でシャッターを切っても、ぶれた写真しか撮ることができなかったそうです。
 でも「どうしても写真が撮りたい」という哲君の強い思いが通じたのか、ある方が電動車椅子にカメラを固定してくれ、線でつなげたシャッターを足で切るという名案により、ぶれない写真を撮ることができるようになったそうです。

◇哲君の感性は、すばらしい!◇
 数年前、初めて彼の写真展を訪れた時、人懐っこく「今度写真、一緒に撮りに行きましょうよ」と言われ、白馬に出かけた。色づいている山々より、彼は道端で何かを探し始めた。そして、不自由な手でカメラをセットしシャッターを切っていった。
 私は、「?・・・何撮ってるんだ?」。撮った後を覗き込んだのだが、私にはさっぱり分からなかった。

 後日、その作品を見て驚嘆した。私には、ただの落ち葉にしか見えなかったのだが・・・
 (作品は、快癒館の玄関に飾ってあります)

私は、風景より彼の撮る姿をカメラに収めた。
そのときの写真がこれだ~1,2,3

f0101332_17421247.jpg


そんな哲くんのフォトカレンダー2011は、12枚の写真が月毎に使われ、季節を感じさせてくれます。
あなたのお部屋に、また贈り物に、いかがでしょうか

f0101332_17433869.jpg

上田哲 公式ホームページ

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2010-11-03 17:49 | 季節

夏バテ

【夏バテ】
夏季限定の食欲不振、だるい、疲労感、下痢、めまい・・・

《お腹を温かく》
冷たい飲み物や食べ物を取りすぎると、胃腸が冷えたり、胃液が薄まるため、胃腸の働きが悪くなり、食欲がなくなってきます。

院長は大学時代、田舎を出て大阪のアパートで一人暮らしをしていました。2階建ての2階の部屋で瓦が焼けて、ヤケに暑い。クーラーなんてあるわけもなく、扇風機の風は熱風!

たまらん暑さに1年目の夏は、冷たい麦茶をガバガバ飲んでいました。そして、生れて初めて夏バテを体験したのです。
これにコリた私は、2年目は夏でも温かいお茶を飲んでみたのです。すると夏バテしなかったのです。

今でも院長は、冷たいものは避け、常温の水やレモンたっぷりの紅茶で水分を補給しています。

夏はビールが美味しいですよね。院長も大好きです。しかし、翌日は下痢・・・そこでビールは最初の1本にして2杯目からは夏でも焼酎のお湯割りにしてみました。
すると、翌日の胃腸の調子がまったく良いのです。

どうしても冷たいものを飲みたい時には・・・口に含んでから10秒くらい口の中で温めるといいですよ。


《スッパ系》
クエン酸をたっぷり取ると疲労物質である乳酸などが分解されやすくなります。
クエン酸は、お酢、梅、レモン、グレープフルーツ、すだち、かぼす等、すっぱいものに多く含まれています。

《自律神経がカギ》
気温10℃の冬でも、35℃の夏でも人間の体温は、ホメオスタシス(恒常性)と言って、自律神経の働きによって一定に保たれます。

とは言え、それにも限度があります。
95℃のサウナに30分間、水風呂に30分間を10セット繰り返すとどうなるでしょうか?多くの人は、気分が悪くなるでしょう。

自然の中では、春夏秋冬というように気温はゆるやかに変化しますね。
夏の次に一気に冬が来るということはないのです。
カラダもそのゆるやかな変化に対応することは機能として持ち合わせています。

ところが、現代では冷房によって夏でもいたる所に温度差が出来上がっています。温度差が激しいとそれだけ体温調整のため自律神経に負担がかかってしまい、限度を越えると自律神経の働きが狂ってしまいます。

冷房は設定温度を高めにして、扇風機を併用すると良いでしょう。
また、寝る時はアイスノンなどで頭を冷やすと眠りやすくなります。

我が家のように「地球温暖化を進めないためにも冷房は極力使わない(施術室以外に冷房はありません)」という方針の家庭もあるでしょう。
カラダの調整機能が未熟な幼児は、脱水症状になりやすく、老人の方は暑さによって体温が上がってしまい、衰弱しやすく、熱中症を起こしやすいので、無理をせずに体が冷えない程度に少し冷房をかけても良いのではないでしょうか。

ところで自律神経は背骨に沿って分布しています。背骨がゆがんでいると自律神経の働きが悪くなる事もあるのです。快癒館では、自律神経の不調にも数多く対応して参りました。ぜひお試し下さい。


《夏の元気の源》
豚肉(特にモモ、ひれ肉) 、にら、レバー、枝豆、納豆、豆腐、うなぎ、いわし、
なす トマト、カボチャ、モロヘイヤ、グリーンアスパラ、
ゴーヤ、オクラ、しょうが、にんにく、長いも、みょうが、とうもろこし、
ピーマン、玉ネギ、きゅうり、スイカ

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2008-08-04 14:46 | 季節

旬の野菜

 吾輩は人である。呼ばれ名は、あっちゃんである。決して坊ちゃんではない。吾輩のカラダが何から出来ているのか、とんと見当がつかぬ。オギャー、オギャーと泣く吾輩に、母が白い粉を湯で解き、哺乳瓶をくわえさせていたそうだ。

 その粉はミルクという赤ん坊の食べ物の中で一番ポピュラーな食べ物であったそうだ。いや、飲み物かも知れぬ。

 いずれにしても、そのミルクから吾輩のカラダが創られているとは思ってもみなかった。ミルクだけではなく、大きくなってからはご飯や卵焼き、めざし、イモの煮っころがしなどを食べてきたが、それらの物が手足をはじめ全身の筋肉や骨、皮膚、髪の毛、そして血の一滴まで、ありとあらゆる肉体に変化しているとは驚いた。

 めざしの目の玉が吾輩の目になったというのか。いや、めざしは目に串が通してあるから目はないのだ。では、ししゃもの目が吾輩の目になったのか。しかし、今まで何匹のししゃもを食べてきたと言うのか。100匹は越えるだろう。食べたししゃもの目が吾輩の目になるのなら、吾輩には左右あわせて200個の目が出来るはずではないか。想像しただけでも恐ろしい。ゲゲゲの鬼太郎の父は、ししゃもの半分しか食べてこなかったのだろうか。考えをめぐらすと夜も眠れない。

 後で知ったのだが、食べたものは胃で細かく砕かれ、腸に至る頃には目や腕の形は全く分からなくなり、そして腸から吸収されて血管に入り、肝臓に運ばれて様々な形に変換されるのだ。自分の骨に作り変えるためには骨に合った分子構造に創り変え、筋肉には筋肉、目には目に合った分子構造に創り変えるというのだ。誰がそんなことを胃腸や肝臓に教えたのだ。実に神秘的である。

 ところで地球上の動植物は互いに関係しあい、循環しているという。草は太陽の光と水と二酸化炭素からデンプンと酸素を作り、土の中の窒素やミネラルを組み合わせてタンパク質や脂肪を作り出す。

 その草をバッタが食べ、それをカマキリが食べ、それを小鳥が食べ、それをタカが食べ、死んだタカをバクテリアが分解し、タカは土に還る。小さい頃、テレビでそういうシーンを見て、なぜ吾輩は何にも食べられないのだろうと思ったことがある。タカも何かに食べられる事はないがエサがなければ餓死してしまう。人間は自ら食物を育てるという能力を持っている。

 吾輩が小学生の頃、冬にトマトはなかった。また、みかん(※夏みかんではなく)を夏に食べる事もなかった。夏野菜はカラダを冷やす役割があるという。旬の野菜しか食べないというのは難しいかもしれないが、医食同源と言うように旬の野菜を食べることは、自然治癒力を高めるにも大切だろう。しかし、スーパーに行っても何が旬の野菜なのかが分らぬのだ。

ということで、旬の野菜を一覧表にしてみた。
携帯できるように、名刺サイズのカードも作った。
欲しい方は、ご来院の際に一声かけてくださいね。無料で差し上げますよ~。

(この物語はフィクションであり登場人物は架空です)

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2008-06-02 22:31 | 季節

福は内!鬼にもネ

「福は内!」  いっぱい福が来ますように・・・鬼にもね。
「嬉しいも内!」「楽しいも内」「ハッピーも・・・」「おいしい・・・」「ワクワク」「ウキウキ」「ステキ」「かわいい」「いいねぇ」「すばらしい」「感動!」「気持ちいい」「やっほ~」「やった~」「やってみるもんだ」「すがすがしい」「最高」「かっこいい」「ニコニコ」「ありがとう」「感謝します」「トキメキ」「きときと」「おだやか」「あたたかい」「明るい」「満足」「愉快」「晴れ晴れ」「爽快」「さわやか」「心地よい」「やったね」「おめでとう」「ルンルン」「ドンマイ」「キラキラ」「イエ~ィ」「グ~」「ジ~ン」「ゆったり」「オッケ~」

鬼にも福がいっぱい来て、鬼が幸せいっぱいになったら、鬼は天使になるでしょう。
私に幸あれ!周りに幸あれ!鬼に幸あれ!
「福は内!」「福は外!」


快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2007-02-01 06:51 | 季節

【ノロウィルス猛威】

ノロウィルスが猛威を振るっている。感染して発症すると吐いたり、下痢をしたりする。腹痛もある。カゼに似た症状だが、食中毒なのです。このウィルスはカキなどの二枚貝に巣食っているのだが、今年は貝の摂食よりも、患者の便や嘔吐物それらが付着した食品や、その粒子を通じた感染が増えているようだ
感染した人の便や嘔吐物が乾燥して空気中に飛び散ると、それを吸って二次感染する可能性があると言うからタチが悪い。

身近で嘔吐された場合には、換気を良くし、便や嘔吐物を処理する際には、使い捨て手袋、マスクを着用し、汚染場所を布やぬれた新聞紙で覆って、ウイルスの飛散を防ぎましょう。便や嘔吐物を静かにふき取り、確実に回収してビニール袋に入れます。その後、塩素系漂白剤で消毒し、ふき取った布や使用後の手袋等もビニール袋に入れ、二次感染を広げないように密封して廃棄するか、十分な洗浄・消毒を行いましょう。吐物が付着した衣類などは個別に洗い熱湯消毒アイロンがけも有効
 調理や介助をする際、トイレに行った後には、必ず手を洗いましょう。
とにかく、うがいと手洗いを励行しましょうタオルの共用を避けたり、マスクを着用するのも防衛手段です。まずは自分が感染しないことが、感染を広げないことにつながります。


快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2007-01-05 16:28 | 季節
やせたい!秋になって涼しくなったし、歩こう!と始めた方。これからの季節は、雨や雪が降りやすく、外に出るのがおっくうになってしまいがちですよね。
ところで、南の国に雨を降らせる名人(祈祷師)がいるそうです。雨が降らなくて作物が育たなければ飢えてしまう。でも、その祈祷師が祈ると必ず雨が降るというのです。取材人がその祈祷師にたずねました。「どうして貴方は雨を降らせることができるのですか?」。その祈祷師いわく、「雨が降るまで祈るからですよ」。
摂取するカロリーより、消費するカロリーの方が多ければ、普通やせますよね。
(一部例外を除いて)
継続は、力なり。
                     【この物語は、フィクションです】


快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2006-12-01 06:06 | 季節
水をかぶるようになってからカゼで寝込むことが激減した私(院長)ですが、「かかったかな」と感じたら、(高温多湿の環境ではウイルスが繁殖しにくいため)濡れたマスクをして寝る。微熱が出たら熱めの風呂に入って温まり、出てから直ぐ熱いおかゆを食べて汗をかき、着替えて寝る。ふとんの中ではウイルスが足の先から外へ出て行くイメージをしながら・・・。のどが痛くなったら、のどにテーピングするとリンパの流れが良くなり痛みがス~ッと減るのです。あとは、寝る、寝る、寝る!
これで、仕事を休まずにいられてます。

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2006-11-02 12:49 | 季節

暑くて寝苦しい夜には

暑くて寝苦しい~!学生時代クーラーのなかった私は、アイスノンをして寝てみました。すると、めっちゃ気持ちいい~。それ以来、20年以上、クーラーは極力かけず、アイスノンで快眠しています。

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2006-08-01 07:02 | 季節

おなかを冷やすと・・・

「かんぱーい!」
「あ~っ、うめ~、やっぱ、夏はギンギンに冷えたビールやねぇ~」

私も会社員時代、やきとり屋時代は毎晩ビールを飲んでいました。そして、慢性的な下痢、腰痛、疲労状態をかかえていました。

記憶をさかのぼると18歳の時、兵庫県の田舎から大阪へ出て、学生アパートで1人暮らしを始めたのですが、夏の暑いこと暑いこと。貧乏学生にクーラーなんてないですから、扇風機の熱風を浴びて、冷たい麦茶をガバガバ。その年、初めて夏バテを経験したがです。2年目以降は、冷たいお茶は極力飲まないようにして温かいお茶を飲むようにしたら、夏バテしなくなりました。

さてさて先日、腰痛の患者さんが来院され、立っているのもツライとのこと。4回ほど骨盤・筋肉を調整したことで以前のような痛みはなくなったのですが、まだ少し気になるとのこと。あお向けで脚を上げてもらい力が入るかどうかを検査すると、左の脚(太ももの前の筋肉、太ももの後の筋肉、太ももの外側の筋肉に力が入らず、ストーンと落ちてしまう。

カイロプラクティック(アプライドキネシオロジー)では
 太ももの前(大腿四頭筋)は、小腸と関係 
 太ももの後(ハムストリング)は、直腸と関係
 太ももの外側(大腿筋膜張筋)は、大腸と関係
があります。

おなかを触ると、やっぱり硬い。その硬さ(緊張)が緩む方向へ刺激を加えて緊張をとって、小腸・大腸・直腸の機能を高め、再度筋力を検査するとしっかり力が入りました。なんでもその方は、アイスクリームを食べると、てき面に体調が悪くなるそうです。
おなかは冷やしちゃダメですよ。下痢や腹痛だけでなく、内臓の機能が低下するとそれに関係する筋肉が働かず骨盤が歪んでしまい腰痛が起こることもあるんですよ。

冷たいものや、脂っこいものは内臓に負担をかけてしまいますので、ほどほどに!

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
by kaiyukan6654 | 2006-07-01 07:05 | 季節

人生をすばらしく!


by kaiyukan6654