富山市の整体・カイロプラクティック院『快癒館』のブログ

kaiyukan.exblog.jp
ブログトップ

【ひざ痛-症例紹介】くるぶしのズレ

31歳 男性

1回目、2006年5月23日
【問診】
2006年2月頃に車を運転していてツル感じになり、以来左ひざが痛く、症状は最近強くなってきている。
座っている時や前屈したときに感じる。
接骨院での治療やマッサージを受けたが改善しない。

【検査】
触診にて腓骨にズレと可動制限を確認。

【施術】
腓骨を調整すると違和感はなくなった。

【後日談】2007年6月8日
1年ぶりに来院され「どこへ行っても良くならなかったひざが、前回の整体
1回で良くなってビックリ。」とおっしゃっていました。

《解説》
ヒザから下は、2本の骨が足首まで伸びています。
大きな骨が脛骨(けいこつ)で、外くるぶし~ヒザ下外側にポコンと出ている細い骨が腓骨(ひこつ)です。
今回の症例では、腓骨の上部、下部ともにズレており、それを調整するとすっかり痛みは消えました。

このような場合、いくら筋肉をもんでいても改善しないものです。
以前は、快癒館でもこのような調整はできませんでしたが、毎月の研修を重ねるうちに、調整方法が身につきました。

研修のため度々、臨時休業させていただき、ご不便をおかけしていますが、
患者さんにより楽になっていただくためには、セミナー受講は不可欠と考えていますので、ご理解の程、よろしくお願いいたします。
 

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
by kaiyukan6654 | 2007-07-01 06:17 | カラダ

人生をすばらしく!


by kaiyukan6654