富山市の整体・カイロプラクティック院『快癒館』のブログ

kaiyukan.exblog.jp
ブログトップ

富山からできること

個人で被災地に救援物資を送ることは現在ではできません。
でも、富山のボランティア団体が緊急車両証を確保され、支援に当たるそうです。

*********ここから******************
フードバンクとやまからのお願いです。

今回の東日本大震災に際し、現在フードバンクとやまでは震災被災者支援のための食品・物品寄贈を受け付けております。

東北被災地現地と連絡を取り、当団体としては下記に記載の品のご支援を希望しております。
どうか、皆さまの厚いご支援をよろしくお願いいたします。

尚、回収については現在富山市内2カ所にて受け付けております。
食料支援回収BOXを設置いただける方につきましては、最下部に記載しております
連絡先までご連絡いただけますようお願いいたします

○実施期間 3月14日(火)~3月31日(木)
※毎週火曜日・金曜日発送を検討しております。
緊急車両証も確保しており、現地への配送ルートを手配しております

○回収BOX設置場所
・ポエシアブランカ
場所 富山県富山市千石町3丁目7-2 ポエシア・ブランカ
営業時間 9時~21時
電話 076 -482-6829

・AYCカフェ
場所 富山市婦中町外輪野12324
営業時間 11時30分~15時
電話 050-3433-5527

○お願いしたい支援品について
■基本
食品については、賞味期限の切れていないもの。未開封のものでお願いします。
お送りいただく場合、送料のご負担をお願いしています。
着払いでの送付はご遠慮ください。

量が多い場合は送るか持ち込まれる前にご相談ください。

食品は食品メーカーのものに限ります
ご了承ください。(井戸水・農産物は受け付けません)

お送りいただくものの一覧表を添付ください。作業が大変楽になります。
※こちらで現地と連絡をとり必要な物を確認しながらリストを作成します

■お願いしたい品
・食品
レトルト食品、缶詰、非常食、哺乳瓶、粉ミルク、離乳食、カロリーメイト、
(アレルギー、乳幼児、要介護高齢者なども対象になります)
・ 嗜好品
(無くても生きていけるものが食べられるとほっとします。<体験談)

・ その他
ミネラルウォーター、紙コップ、ペットボトル、常備薬、胃腸薬、鎮痛薬、消毒薬、マスク、タオル、軍手、頭痛薬、懐中電灯、電池、ロウソク、ライター、缶切、栓抜き、ビニール袋(ゴミ袋)、ペットのえさ、その他常温で保存できる食品すべて

※以下ご注意ください
食品類は未開封であり、消費期限・賞味期限が1ケ月以上あるもの。
特にお菓子など、封をあければそのまま食べられるようなものが喜ばれると思います。


■連絡先
フードバンクとやま
電話カワグチ 08019553908
メール iganyoro@gmail.com

「フードバンクとやま」とは、包装の傷みなどで、品質に問題がないにもかかわらず市場で流通出来なくなった食品を、企業から寄附を受け生活困窮者などに配給する活動およびその活動を行う富山の団体です。(全国に11カ所)

本情報につきましては3月14日時点のものであり状況により告知無く変化する可能性がございます。ご了承ください。
よろしくお願いします。
***********ここまで*****************
私も食品とマスク2箱を持って行きました。
被災者の方々に喜んでいただけますように!

Google災害情報はこちら

快癒館の携帯サイト
肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
by kaiyukan6654 | 2011-03-17 22:05 |

人生をすばらしく!


by kaiyukan6654