富山市の整体・カイロプラクティック院『快癒館』のブログ

kaiyukan.exblog.jp
ブログトップ

ぎっくり腰の意外な原因

快癒館院長の藤岡です。

年末は12月30日(月)午前中まで営業します。
年始は1月4日(土)より通常通り営業します。

尚、12月14日(土)は研修のため休業させていただきます。


最近、ギックリ腰で来院される方が増えています。
気温が低くなってくると筋肉もこわばりやすくなってしまいます。
ギックリ腰を起こしやすいのは朝です。

朝、目覚めたら布団の中で、
ゆっくりと気持ちいい方向にカラダを動かしてみましょう。
そして「気持ち良さ」を感じてください。
実は、これがとても大切です。


筋力検査をするとわかりますが、
仕事のこと、心配事などを頭に浮かべるだけで
力が抜けてしまう人がたくさんいらっしゃいます。
力が抜けてしまうということは、安定しないので傷めやすくなるということです。


筋肉は、脳から筋肉につながっている運動神経によって動きます。
脚を動かす時、自分の意思で脚を動かしますね。
そう、「脚を動かすぞ」という意思で筋肉は動きます。
この神経の経路を錐体路(すいたいろ)と言います。


歩く時、太ももの前の筋肉が収縮すると、
太ももの後ろの筋肉はゆるみます。
これは、自分の意思とは関係なく筋肉の調整が行われます。
この神経の経路を錐体外路(すいたいがいろ)と言って、
筋肉の働きを抑えたり、強めたりしています。


心配事がある時には休めればいいのですが、
心配しながら筋肉を動かすと抑制がかかり力が抜けてしまう
ということになるのです。


そして、驚くことに自分の意思で筋肉を動かす錐体路の働きは
全体の10パーセント程度であり、
無意識にコントロールされる錐体外路の働きは約90パーセントだということです。

いかにしてこの90パーセントの領域にアプローチするかが鍵になることでしょう。


仕事のことや心配事をイメージしながら筋力検査をして
力が抜けていたのを「大丈夫」とか「うまく行ったイメージ」あるいは
「感情をそのまま受け入れる」といったことをして
筋力検査すると正常に力が入ったりします。


ここからは私の推定ですが、
何も意識せずに生活していると
心配事や漠然とした不安感から力が入らない状態になってしまっているが、
意識的に安心感を意識することで筋肉は正常に働くことができる。

そしてそれを繰り返し繰り返し意識的に行うことで定着すれば
無意識でも筋肉は正常に働くようになるのではないかと考えています。


大きく深呼吸をすることも大切です。
クエン酸回路のところで説明したように酸素がないとわずかなエネルギーしか生まれません。

しっかりと酸素を取り入れて筋肉を動かすエネルギーを作りましょう。

最初は意識的に行いますが、
慣れてくると無意識に深い呼吸ができエネルギーを作り出すことが出来るようになります。


私は約20年前から「気」の勉強と実践をして自分の健康を保ってきましたが、
最近学んでいる神経学によってそのことが生理学的に説明できることがわかりました。


そして今は忘年会シーズンですね。
腰の筋肉は腸とも関連しています。
暴飲暴食にも気をつけましょうね。

▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
「豊岡整体よぼう」へ移転しました
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-12-05 13:43 | ホリスティック
快癒館院長の藤岡です。

疲れやすい方、必読!
【エネルギーを19倍生み出す法!?】


健康を保つには息・食・動・想・休が大切ですが、
息がエネルギーを19倍生み出すって知ってました?


車を動かすのはエネルギーですね。
ガソリンを燃やすのですが、この時に必要なのが酸素です。
そう、酸素がなければガソリンは燃えないんですね。


人間のカラダを動かすにもエネルギーが必要。
食べたものが糖・タンパク質・脂肪に分解されエネルギーとして使われます。
カラダを動かすのは筋肉です。
まず最初に使われるのが血液中の糖です。


面白いことに人間のカラダは酸素がなくてもエネルギーを作り出すことができるんです。
ためしに息を止めてダッシュしてみてください。
走れるんです!
これを無酸素運動といいます。

酸素がない時にはエネルギーは2ATPしか作られません。


酸素がある時には、理科で習いましたね。
クエン酸回路が回って合計38ATPのエネルギーが作られるんです。

そう無酸素状態の時のなんと19倍です。
呼吸って大切ですね。


仕事に集中している時、呼吸が小さくなっていませんか?

また普通に呼吸している時、そう今!
息を吐いた状態から、もっと吐いてみてください。
まだまだ吐けましたよね。
二酸化炭素でいっぱいの空気が肺の中に残っているんです。


まずは、汚れた空気を吐き出しましょう。
そして、酸素いっぱいの空気を吸い込んでエネルギーを作り出しましょう!


肋骨周りの筋肉や関節が固くなっているとうまく呼吸ができません。
快癒館では、肋骨を調整し呼吸がしやすくなるお手伝いもしています。


▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-10-04 20:31 | カラダ
快癒館院長の藤岡です。

バランスを整えるワンポイントレッスンです。


【骨盤の整え方 前後のバランス】

右ひざを床につき、左足は前に出して
短距離走のスタートのような姿勢を取ります。

ついた右ひざをさらに後ろに引き、右骨盤の前を伸ばします。

気持ちのいい角度を探して、
気持ち良さを感じられたら、そのままキープして、
気持ち良さがなくなったり、戻したくなったら終わります。

気持ち良さがなければ、逆の脚をやってみます。
気持ち良ければ、同じようにやります。



次は、骨盤の後ろです。

短距離走のスタートの姿勢から、
前の脚(ひざ)を伸ばし、
ゆっくりと体重を前方にかけ、脚の後ろからお尻を伸ばします。

気持ちのいい角度を探して、
気持ち良さを感じられたら、そのままキープして、
気持ち良さがなくなったり、戻したくなったら終わります。

気持ち良さがなければ、逆の脚をやってみます。
気持ち良ければ、同じようにやります。


この方法は、
脚を組んで座るクセのある人、
事務仕事の人、
立ったり座ったりする動作が多い人などに有効です。

ぜひ試してみてくださいね。

▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-08-16 21:52 | カラダ

かっけの検査?

快癒館院長の藤岡です。

富山では、ここ数日、朝晩の気温が下がって涼しく感じます。

このような日は体調を崩しやすいので、
前回のメルマガに書いたような対策をとって、体調管理して下さいね。


【質問コーナー】
Q.ひざの皿の下を打腱器でたたくのは「かっけ」の検査をしているのですか?

A.深部腱反射と言って、「かっけ」の検査として知られていますが、
他にも意味があって、

例えば椎間板ヘルニアや脚の神経などに障害があると反応が減少します。
脳や脊髄の一部に障害があると、逆に反応が強くなったりします。

快癒館は医療機関ではありませんので診断はできないのですが、
可能性を考えながら施術するために行っています。

問診や反射の結果によっては病院を紹介することもあります。



▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-07-20 13:25 | カラダ
快癒館院長の藤岡です。

先日、「腰が痛くて…他の整体に2カ月通ってたんですけど良くならず、
先輩に紹介されて」という方が来院されました。

まったく後ろに反ることができません。

1回目の施術で反ることができ、
2回目の施術でまったく痛みは消えました。

「え~~、こんなに早く」って喜んでいただきましたが、
僕も数年前なら2カ月かかっても良くならなかったかも知れません。

それほど、微妙な(検出しにくい)異常だったのです。


今まで、快癒館で改善しなかった例はおそらく山ほどあるでしょう。
この場をお借りして、お詫びいたします。

日々、精進を重ねて、異常に気付き、改善させることができるように
していきたいと思っています。



さてさて、急激に暑くなってきましたね。

めまい、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、
頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感、
意識障害・痙攣・手足の運動障害、高体温

これらは熱中症の症状です。


熱中症は、高温環境下で、
体内の「水分やミネラルのバランンス」が崩れたり、
体内の調整機能が破綻するなどして起こります。


なので、水だけでなく、
ミネラル分もこまめに補給する必要があります。

最近では熱中症対策用の飲料も販売されていますね。


スポーツをする方は糖分の補給も必要ですので、
糖分(炭水化物)を含んだスポーツ飲料が適しています。


ギンギンに冷やしたものを大量に摂ると、
胃腸の働きを低下させますので、
ほどほどに冷えたものか常温がオススメです!


熱中症は高温、多湿、風が弱いところで、起きやすく、
・高齢者
・肥満の人
・過度の衣服を着ている人
・普段から運動をしていない人
・暑さに慣れていない人
・病気の人、体調の悪い
がなりやすいとされています。


外出の際には、
帽子、扇子、濡らしたバンダナ(タオル)などを
首に巻いたりするのも予防になります。

熱中症は室内でも起きますから、
エアコン、扇風機を上手に利用しましょう。



また、この季節は寝苦しくて体調を崩すことが多いです。

良質な眠りの取り方のポイント。

1.寝る1時間前に風呂に入って体を温める。
  (時間後には体温が下がって眠くなる)

2.眠りに落ちて3時間は目覚めない。
  扇風機やエアコンを3時間タイマーする。
  (クローゼットや押し入れも開放し、熱気が残らないように)
  エアコンをつける場合、扇風機の風は直接カラダに当てず、
  部屋の空気を循環させる。

3.アイスノンや冷却ジェル枕で頭を冷やす。


ナイトウエアを着て寝るときの最適室温は26度。

裸で寝るときの最適室温は29度とのこと。

窓を開けて寝ていて、
明け方思いのほか冷えてカゼをひくという経験もあるかと思います。

窓を開けて眠る人は、肌を露出せずに。

窓を閉め切ってエアコンをかけるが、明け方には暑くて仕方がないという方は、
冷房を低めに設定し、半そで半パンで、布団にくるまって眠りにつくと、
明け方には布団を脱いで適温になっていることでしょう。


それでは、元気に夏を過ごしていきましょう。


▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-07-10 22:22 | カラダ

超ソフトな骨盤調整

快癒館院長の藤岡です。

1999年に開業してからも研修を続けて参りました。
開業当時から通院されている方に
「あの頃の施術は何だったんだろうね」
って言われたことがあります。

それくらいに検査、施術の内容は変わっていますし、
今後も変わり続けます。


まだまだ知らないことが山ほどあるのです。
それを知りたい。
出来るようになりたい。
もっと喜んでいただけるようになりたい。


10年前の自分と今の自分を比べると、
心技体ともに成長していると感じます。

今、48歳。
あと10年、あと20年経ったらどんな自分になっているだろう
と想像するとワクワクします。


まだまだ未熟でしょうが、今よりも光り輝いていることでしょう。

頭が…?!


【質問コーナー】
Q.骨盤調整できますか?

A.メルマガでは普段伝えることができないことをお伝えしようとしてきたため、
基本的なことが伝わっていないようでした。
反省(^^;

骨盤や背骨、各関節の調整ももちろんできますよ。

以前は、ボキボキ、バキバキやっていましたが、
最近ではソフトな刺激で調整することが多くなりました。

「あの頃の施術は何だったんだろう」と言われるゆえんでもあるのですが、
しかし、あまりにもソフトすぎて「何もしてもらっていない…」
と感じる方もいらっしゃるようです。(反省)

今後は、今何をしているのかを解説しながら施術しようと思っています。

疑問があればお気軽にお問い合わせくださいね。


▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-06-27 21:15 | カラダ
「登山における4つめの疲労」をお伝えしてきましたが、
4つめの疲労は熱中症とも関連の深い「オーバーヒートによる疲労」です。


僕は中学時代、卓球部でした。
練習が楽だろうと思って入部したのですが、予想がはずれ、
かなりきつい筋トレやランニングをさせられました。


しかし、部活中に水を飲むことは禁止されていました。
バテるからという理由で、そのような考えが一般にも信じられていました。

今ではそれが間違いというのは明らかですね。


水分を取らずに運動を続けると疲労が起こり、
さらに続けると動けなくなったり意識がなくなるという
脱水症状になってしまいます。


登山中にも水分を取らなければなりません。
ただし、汗をかくとミネラル分も失われるので、
水分と一緒にミネラルも摂る必要があります。

水よりもスポーツ飲料の方が好ましいです。


どれくらい飲めばいいのか?

運動中に失われたのと同じ量を補給したときが一番快適に歩けた
という実験結果があります。


登山では条件にもよりますが、
1時間・体重1kg当たりで4から7gの脱水がおこります。

例えば体重60kgの人が8時間の登山をすると
1920gから3360gの脱水がおこると予想されます。

この量が理想ですが、3.3リットルの水をかついで登るのは大変です。


少なくとも脱水量が体重の2パーセント以下にとどめることが必要です。

60kgの人なら脱水量を1200g以下にしなければなりませんので
720gから2160gの水分補給が必要ということになります。

【計算式】
E(kg)の人がF時間の登山をする時
補給水分量(g)=(4から7)×E×F-(20×E)


参考:「登山の運動生理学百科

▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-06-12 22:57 | カラダ
僕、富山市の整体院「快癒館」院長がラジオに出演しました。
オンエアの内容はこちら  
f0101332_901327.jpg


パーソナリティは、僕が通っているテニススクール「センティア」の
惣名哲男コーチ。


1年ほど前に腰痛を患われ、快癒館に来られました。

その後、何度もラジオ出演のオファーをいただいていたのですが、
予定が合わず延び延びになっていました。

収録の日は、定休日で特に先約もなかったのでお受けしました。

・僕の出身地のこと
・整体の世界に入ったキッカケ
・惣名コーチが施術を受けた感想を語ってくれてます

よかったら聞いてくださいね

▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-06-06 20:47 | 営業案内
今回の内容は、ダイエットがうまくいかない人にとっても必見です。

1つめの疲労は乳酸でしたね。
ゆっくりゆっくり登ると疲れにくい。
乳酸が発生しにくいんです。

2つめの疲労…「下り坂の疲労は、筋肉の損傷」でした。

3つめの疲労は、燃料切れによるものです。

車の燃料が切れると、ガス欠で走れなくなりますね。

人間も食べなければバテる。当たり前ですね。


空腹の犬にランニングマシーンを走らせたところ、
4時間半で走れなくなったが、
同じ犬に糖分を与えながら走らせると、17時間も走り続けたそうです。


車の燃料は、ガソリンですが、
人間が登山する時の燃料は、カラダの中の炭水化物と脂肪です。


ダイエットでは、脂肪を燃やしたいですよね。
でも、炭水化物は燃えやすいんですが、
脂肪なかなか燃えにくいんです。

なぜか?

炭水化物は酸素があっても無くても燃えるけど、
脂肪は酸素が無いと燃えないんです。

どういうことって?


ウオーキングや登山のようなゆったりとした運動は有酸素運動。
一方、全力疾走や激しい筋トレは無酸素運動です。

脂肪は激しい運動では燃えにくいんです。


また、炭水化物は乳酸が出ても燃えるが、
脂肪は乳酸が出ると燃えにくくなります。


さらに、脂肪は炭水化物と混ぜ合わせなければ燃えないという性質があるんです。

ここ重要です!


体内に貯蔵されている脂肪って、
皮下脂肪、内臓脂肪のようにいっぱいありますよね。

でも体内に貯蔵されている炭水化物ってごくわずか、
脂肪の100分の1くらいしかないんです。

なので、炭水化物はすぐになくなってしまう。

炭水化物がなくなってしまえば、
脂肪が多量に残っていても脂肪は燃えないんです。

そして、困ったことに、
筋肉のタンパク質を分解して燃料にしてしまうんですよ。

筋肉は壊れ、動かなくなってしまいます。
危ないですね。


また、脳や神経の燃料としては、脂肪は使えません。
炭水化物のみです。

炭水化物が枯渇すると、
判断力、平衡感覚、俊敏性などが落ち、
事故につながりやすくなってしまいます。

だから、炭水化物を補給しながら山を登ることが、
脂肪をうまく燃料として使い、
バテない
ことにつながるんです。


チョコレートやアメなどの糖類は即効性がありますので
バテ気味の時には効果的です。

しかし、運動前に多量に食べると血糖値が上がりすぎ、
反動で血糖値を下げようとするので
逆に疲れてしまうので行動中に食べましょう。


ご飯やパンなどのデンプン類は、
ゆっくりと血糖値を上げますので食事として適しています。

が、炭水化物が枯渇しやすいことを考えると
昼食の時にまとめて食べるより
2時間毎に分けて食べるほうが好ましいと言えます。

参考:「登山の運動生理学百科

▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-05-29 22:46 | カラダ
登山(下山を含む)に関する2つめの疲労は何でしょう?

重い鉄アレーを片手に持って胸まで持ち上げ、
胸のところでもう一方の手に持ち替えて降ろす。

この運動を繰り返すと、
翌日筋肉痛になっているのは、
持ち上げた方の手でしょうか、
それとも降ろした方の手でしょうか?

答えは、降ろした方の手なんです。


持ち上げる時は、筋肉は縮みながら力を発揮します。
降ろす時は、筋肉は引き伸ばされながら力を発揮します。

筋肉は、引き伸ばされながら力を出すような運動には弱く、
損傷しやすいんです。


登山で、体重を支えるのに大きな役目をしているのが大腿四頭筋と言って、
太ももの前の筋肉です。
この筋肉が引き伸ばされながら働くのは、下り坂です。


下り坂と言えば、楽なイメージがありますよね。

雪だるまを坂の上に転がすのは、とても疲れるけれど、
下に転がすのは楽です。


確かに、登山でも下り坂は、
心拍数もあまり上がらないので乳酸はたまりにくい。

でも、下り坂って、脚がガクガクしたり、ひざが笑ったり、
ということが起こりやすいんです。


これは、筋肉が損傷しているんです。

損傷すると、筋力は低下します。
力が入りにくいので、転びやすく、事故につながりかねません。


2番めの疲労、「下り坂の疲労は、筋肉の損傷」です。


予防するためには
1.歩幅を狭くして、ゆっくり下る。
2.ストックを使って、着地衝撃を腕に分散させる。
3.傾斜の緩いコースを選ぶ。
4.ザックを軽くする。
5.自分も軽くする(笑)
6.筋力をつける

参考:「登山の運動生理学百科


▶快癒館の携帯サイト
▶肩こり・腰痛の整体・カイロプラクティックなら/富山県富山市の快癒館
[PR]
# by kaiyukan6654 | 2013-05-28 13:11 | カラダ

人生をすばらしく!


by kaiyukan6654